日本の商品を海外に販売したい!~海外ネット通販代行サービス

「かわいい」なんていう日本語がもはや英語でも通じるそうです。
アニメの影響で、欧米でラーメンがブームになったり、
マドンナが日本のトイレに感動して、全自動のトイレを取り寄せたりした
なんていう話も有名ですね。

欧米の方から見た日本は、
古くからの文化(武士道、着物、仏像など)とともに、
ヘルシー(和食などの食習慣)、
勤勉で誠実(壊れない工業製品)など、
未だ、ブランドといっていいほどの印象を持たれているようです。

下請けではビジネスが成り立たない!?

バブル崩壊以降、多くのお客様からご相談をいただいたのは、
「かつての発注元が、発注を出してくれなくなった」
という悩みです。

もともと、中小の製造業においては、大手企業の下請けとして商品・製品を作っている業者が多かったと思います。
しかし、景気の悪化とともに、発注元も内製化したり、生産拠点を海外に移したりして、コストカットをかなり進めたようです。
結局、国内の製造業はかなりのダメージを受け、倒産した会社も少なからずありました。

比較的小規模の製造業の場合、社長の多くは職人さんです。
製品や技術に対するプライドは持っているものの、
仕事を探す営業に関してはあまり得意でない方も多いようです。
国内での製造業の仕事全体が減っていくことと併せて、中小の製造業は苦しい状況があるのではないでしょうか。

日本で買いたたかれる商品

実際のところ、製品を国内で流通させようとすれば、
同じような製品を持つ企業はたくさんいます。
結局、過当競争となり、値段をどんどん下げて売らざるを得ません。
残念ながらそれでは経営はいつまでたってもよくならないでしょう。

しかし、海外に目をやると、そこには無限の市場が広がっています。
日本ではありふれた商品も、海外ではまだ誰も販売していない商品も少なからずあります。
例えば、海外向けの「日本のグッズ」を販売するホームページを見てみると、
干支の置物が結構高値で売られていたりします。
(しかも、干支には出てこない動物が一緒くたに売られています)

驚くべきことですが、海外では、「日本のもの」というだけで、高い値段であっても買おう、という層がいるのです。

 

大きな失敗をすることはできない

当然、海外でモノを販売する以上は、外国語への対応が必要になります。
そもそも海外で店を出すようなお金も人員もいない。

それでいいのです。
今の時代、一か八かの大きな投資はできるだけ避けたいところです。
だから、小さなコストでスタートしていくのがベスト。
その際の味方が、インターネット通販です。

とはいえ、
どうやって、商品を送ればいいのだろう?
お金の決済はどうすればいいのだろう?
考えるだけで、不安は次から次へと出てきます。

それもそのはずで、だからこそ、ライバルも海外の市場へは出ていないのです。

そして、外国語への対応も、
商品の配送も、
お金の決済も、
心配いりません。

なぜなら、それをあなたに変わって行ってくれるサービスがあるのです。

貴社がやることは国内で日本語でできることだけです

さて、この海外通販の代行について、どのようなステップで販売が行われるかを簡単に見てまいりましょう。

既存プラットホームによるテスト販売

まずは、あなたの商品が海ebayamazon外でどのような評価を受けるのか、既存のプラットフォームによるテスト販売を行います。
販売する商品にもよりますが、ebay(日本でいうヤフオクのようなオークションサイト)、amazonのいずれか、もしくは両方でのテスト販売です。

これらのプラットフォームは、集客力は高いのですが、販売手数料を支払わなければならないため、一定程度のテストが終了すれば卒業します。

 

その後、必要に応じて、独自の販売用サイトを狙った国や地域に向けて作成し、その販売精度を上げていきます。

その流れを以下の通りまとめてみましたので、ご覧ください。

 

 

 

ご利用料金

ご利用料金については、案件ごとのお見積もりとなります。
特に、海外での販売が期待できる商品においては、
業者負担によるWEBサイト作成ということもありますので、
お気軽にご相談ください。

 

 

お問い合わせは今すぐ

貴社名(必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご住所 (必須)
 

題名

メッセージ本文

 

携帯メールやGmailなどの場合、返信が迷惑メール扱いをされるなど、
不着となることがあります。
もし、3営業日以内に返信がない場合、お電話にてお問い合わせを賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせ  0120-14-3908(平日8:45-17:30)

サンクリエイト株式会社
〒560-0021 大阪府豊中市本町3-7-78
TEL 06-4865-7600 FAX 06-4865-7611